面接でビビっと魅了され、入社を決意

新卒で入社した会社では、自分の思い描いていた働き方とのギャップに苦しみ3カ月で退職してしまいました。すぐに転職活動をしましたがうまくいかず、しばらくは非正規雇用で不動産会社に勤めていました。しかし、やはり正社員として働きたいと一念発起し、人材紹介会社に登録しました。そこで紹介されたのが、当社の人事の仕事でした。

人事の仕事は未経験だし、新卒で入社した会社をわずかな期間で退職してしまった私などがやれる仕事ではない。そう思いながらも、応募書類が通ったので面接を受けることに。その面接で初めて人事担当者にビビッと魅了される瞬間を味わいました。これまでは「なんで、3カ月で辞めたんだ」と責めるように言われることも多かったのに、当社の人事担当者は、「3カ月で辞めちゃったんだね。どうしてそうなってしまったの?」と私の思いに寄り添ってくれたのです。こんな面接もあるのだと感激しました。この瞬間、こういう人のいる会社で一緒に働きたいと入社を決めました。

学生に伝えることの難しさと大切さを痛感した日々

入社後1年間は先輩に仕事を教えてもらって、地道に一つ一つ業務を覚えていく日々。その中で失敗もしたし、思い通りにいかないこともありました。でも、投げ出さないことが大事なのだと思い知らされました。とりわけ忘れられないのは、合同説明会のファシリテーターとしての初仕事。緊張してうまく話せず、学生の皆さんの表情を見る余裕もなく、いいところ全くなしでした。これではいけないと思い、その後は先輩方のファシリテーターをボイスレコーダーに録音し、それを聞き直してメモし、さらに自分でやってみて、というのをひたすら繰り返しました。もう完コピする勢いです(笑)。その効果は絶大で、「ここはこう伝えた方がいい」と自分なりのアイデアが湧いてくるし、余裕が出てくるとスピーチの仕方にオリジナリティも出てきました。そこに込めたのは、学生の皆さんには私が新卒時にしてしまったミスマッチ就職をしてほしくないという思い。会社のいいところも、そうではないところもしっかり伝えて、自分に合うか、冷静に見定めてほしいと思いました。そうしているうちに、学生の皆さんとスムーズに質疑応答できるようになり、自分の成長も感じました。同時に、自分が学生に伝えられることを持っていないと、何も伝わらないのだと改めて思いました。

学生の人生に爪痕を残した!そう感じた瞬間の喜び

人事の仕事の一番大きなやりがいは、直接多くの学生と会い、その人の人生の一部分に何かしら爪痕を残した、あるいは、その人のより良い将来につながるような役割を担えた、と感じた瞬間にあります。例えば、こんなことがありました。ある合同説明会で就職活動が思うようにいかず悩んでいた女子学生に出会った時のことです。私自身も同じ思いを経験した身として、「その気持ち、わかるよ」と相談に乗りました。いつのまにか、会社説明そっちのけで人生相談になっていましたね(笑)。その後、何度か面談を行い、当社のセミナーにも参加してくれた彼女は、当社の他、数社の内定を獲得。「悩みを打ち明けてアドバイスをもらい、就職活動に対する気持ちがポジティブに変わり、前向きになりました」と言ってくれました。彼女は4月から共に働く仲間になります。最初は俯き加減で自信なさげだった彼女が、私と話したことがきっかけで変わってくれたのなら最高にうれしいですね。

私自身も当社と出会って変わった一人。入社前は、自分が人事の仕事をすることになるなんて思いもしなかったのに、今はこれほど情熱を燃やしている自分がいる。当社のおかげで、自分の可能性が広がったし、自分自身が知らなかった自分の一面を知ることができたと思っています。